管理会社のリフォームは避ける

分譲マンションのほとんどに管理組合が存在していると思います。

 

管理費用が高いので近年はマンションを自主管理をする管理組合も増えてきているようです。それでもまだ、分譲マンションの管理を管理会社に委託しているマンションも多くあるでしょう。

 

管理会社に管理を委託するメリットは沢山ありますが管理費用が高いのがデメリットです。お家にトラブルが発生した場合には管理会社に連絡すればほとんどが解決できる便利さがありますが、やはり費用が高くなります。

 

【なんで、リフォーム見積もり価格の差がでるの??】でも説明していますが、管理会社はマンションにおける全ての事の窓口なので、何か費用が発生するとほとんどが管理会社にも利益が発生する仕組みになっています。

 

もちろんリフォーム業者も紹介してくれますが、管理会社の利益が乗っている【リフォーム見積もり】になりますので高いです。またほとんどの管理会社はリフォームに関してド素人なので各マンションの管理担当も素人になります。

 

では管理会社からのリフォームをするとどうなるか?

 

リフォーム費用が相場より高くなる。

 

お客さん

管理会社

中小リフォーム会社

個人リフォーム業者

 

このような図式になってきますので当然高くなります。

 

またリフォームの相場価格の感覚もないので、下請けリフォーム会社の見積もりに対して単純に利益を乗せてお客さんに提示するだけなので、破格に高い見積もりになる場合もあります。

 

またこの逆もあります。

 

下請けリフォーム会社が出した見積もりに対して、管理会社の勝手な素人判断で【高い】と思い、金額を値下げさせて工事をやらせます。
この結果、リフォーム業者は手抜き工事を行います。

 

どちらにしても最悪な結果ですよね。下請けリフォーム会社は、元請け会社には何も言う事ができないものなのです。その結果お客さんにシワ寄せがくるのです。

 

リフォームに関して素人なので、リフォーム内容や工事にトラブルが発生する確率が高い。

パターン@
お客さんがリフォームを、管理会社に依頼をすると管理会社の担当者がリフォームの打ち合わせに伺います。
そこでリフォーム内容を決めてリフォーム工事が始まるのですが、なんせ素人が打ち合わせした内容なので実際に工事が始まると、決定事項通りのリフォーム内容ができなかったりします。
実際に起こった事例だと、お客さんの決めたフローリング色と違うもので工事をしています場合もあります。

 

パターンA
お客さんがリフォームを、管理会社に依頼をすると管理会社の担当者は素人なので、下請けリフォーム会社にリフォームの打ち合わせをさせます。
お客さんと下請けリフォーム会社の打ち合わせが終わってリフォーム工事行うのですが、リフォーム内容にトラブルが生じた場合に責任のなすりつけ合いが始まります。

 

・管理会社は、打ち合わせをした下請けリフォーム会社に責任を押しつけて手直し工事要求します。

 

・下請けリフォーム会社は「責任は無い」と主張して手直し工事を拒否

 

こうなるのが相当面倒なことになります。話の決着がつくまで長い時間を要することもありますし、最悪の場合には放置される事もあります。

 

私も不思議なのですが、管理会社このような場合には驚くほど対応してくれません。

 

通常この場合は、見積もり書の会社名に工事責任が生じます。しかしこのような場合はお客さんの方が不利になる場合が多いでしょう。詳細は【マンションリフォーム費用が決定したら】を参考にしてください。

 

つまり管理会社にリフォームを依頼すると・・・

管理会社にリフォームを依頼

広告1

リフォーム費用が高くなる

広告1

リフォームトラブルが発生

 

※全てトラブルが起きるという事ではありありません。可能性が高くなるということです。

 

私個人の見解ですが、分譲マンションの場合は管理会社は必要がないと思います。

 

初めだけ多少面倒ですが、管理組合が率先して初めに項目別に業者を選定してしまえば、マンション管理は可能です。管理組合の理事長さんなどでご質問等がありましたら、【問い合わせ先 質問】からお問い合わせ頂ければアドバイスをさしあげます。